【メクル・クリ・ボーテ】NLSのクリ吸引バイブを試してみました!

メクル・クリ・ボーテ アダルトグッズ

どうも^^
ぼっちオナニー愛好家の「まる(♀)」です!

今回は「NLS(1NIGHT LOVE STORY)」のクリトリス吸引バイブ、「メクル・クリ・ボーテ」をレビューします^^

まる
まる

どっかの意識高い系サロンみたいな名前ですね

メクル・クリ・ボーテは、クリトリスを吸引しながら同時に中も刺激できてしまう、何とも攻撃的なU字型バイブなんです!
クリと中を激しく同時責めされるなんて、妄想しただけで失禁しそう・・・///

ただし、クリトリスと膣口の距離が近い人だと、吸引口とクリトリスがうまくフィットしません。

メクル・クリ・ボーテとヴァギナのサイズさえ合えば、悶絶すること間違いナシなんですが・・・やっぱりU字型バイブは難しいですね;

  

メクル・クリ・ボーテ
⇒「メクル・クリ・ボーテ」の商品ページ

  
  

メクル・クリ・ボーテの特徴

メクル・クリ・ボーテ(MECLE・CLIT・BEAUTE)

  

メクル・クリ・ボーテの付属品
サイズ【ローター(挿入)部分】長さ:約5.5cm / 最大径:3.1cm
【吸引部分】吸引口の内径:約1.1cm / 横幅3cm
重量本体:102g / ケース:76g
素材シリコン
吸引モード強弱:5段階
バイブレーション10種類【強弱:3段階 + パターン:7種類】
電源USB充電式
耐水性IPX5相当
付属品収納ケース /USBケーブル / おもちゃ袋
おすすめ度3.8

  

「メクル・クリ・ボーテ」は、クリトリス吸引とローターが一体化した、U字型バイブレーター。
吸引部分とローターのスイッチは別々にON / OFFできるので、それぞれが単独でも使用可能となっています。

  

メクル・クリ・ボーテのサイズ

メクル・クリ・ボーテのサイズ
メクル・クリ・ボーテのサイズ

メクル・クリ・ボーテは、ローター(挿入)部分の長さが約5.5cm、最大径が3.1cm。
吸引部分の横幅は3cm、吸引口の内径は1.1cmです。

ローター部分は触るとちょっとゴツゴツしてて、けっこう硬めですね。
挿入すると、そんなに太くはないのにしっかりと膣内を圧迫してきます。

まる
まる

小さな見た目に似合わずなかなかの存在感です!

吸引口はけっこう柔らかくて、クリトリスへの当たりはソフト。
装着して強めに押し付けても痛くないので、安心して思う存分クリを吸えますよ^^

  

メクル・クリ・ボーテの吸引パターン

メクル・クリ・ボーテのクリトリス吸引は、5段階の強さ調整ができます。

強弱だけでパターンの変化はありませんが、吸引の強さは一番弱くてもかなりしっかりしてます!

ただしバイブの方もかなり強力なので、吸引のパワーがバイブの振動に打ち消されしまうことも。
バイブの存在感が強すぎたら、吸引のパワーを強くするなどして調整しましょう。

  

メクル・クリ・ボーテのバイブレーション

ローター部分のバイブレーションは、強さ三段階(弱・中・強)+パターン7種類の、合計10種類。

上で書いた通り、吸引同様・・・いえ、吸引以上にバイブレーションが超強力です!
一番弱い振動でもかなりのパワーなので、膣内に挿入してもバイブの存在感が一切消えません。

その分吸引の存在感が薄れやすく、吸引と振動の強さのバランスを取るのが難しいです。
吸引を強くするだけでなく、バイブのパターンを変えて色々組み合わせてみるといいでしょう。

  

メクル・クリ・ボーテの充電方法

メクル・クリ・ボーテはUSB充電式なんですが、充電方法がちょっと変わってて

メクル・クリ・ボーテの充電

こんな風に収納ケースに入れた状態で充電します。

アダルトグッズを充電してる間って、グッズの置き場所にけっこう困るんですよね。
私はノートパソコンにUSBケーブルを繋ぐので、デスクの上には常にバイブや吸引グッズなんかが転がってたりします(汗;)

なのでケースに入れて充電できるのって、置き場も安定するし、何より清潔感があって嬉しいですね^^

充電時間は約2時間、稼働時間は約60分です。

  

メクル・クリ・ボーテの防水性

メクル・クリ・ボーテの防水性は、防水規格のIPX5相当。
これは「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」のだそう!

つまり生活防水はバッチリ!ってことですね^^
NLSのサイトにも「軽くなら洗浄も可能」と説明があります。

メクル・クリ・ボーテはU字型なので、ローター部分だけでなく吸引部分もかなり汚れやすいです。
なので石けんと水で洗えるのは、けっこうありがたいですね。

  

メクル・クリ・ボーテの体験レビュー

Gスポットの圧迫とクリ吸引という、最強の組み合わせ!

最近アタマの中が、クリトリス吸引でいっぱいになってるワタクシ・・・
定期的にクリを吸わないと、禁断症状が出そうなぐらいヤバいんです。

まる
まる

あ~クリトリス吸いてぇ!

というわけで「何か良さげなクリ吸引グッズは無いかな~」と、NLSを物色してたら・・・

ありました!

メクル・クリ・ボーテ

Gスポットの圧迫とクリ吸引なんて、最強の組み合わせじゃあないですか!
何でしょうね、この、カレーと牛丼を一皿で同時に味わうような欲張った感じ^^

なのに税込4,389円と、クリ吸引と中責めが一体化したバイブの中ではかなりお手頃な価格。

で、商品説明を読んだら「本作はすでにバイブや電マなどを日常的に愛用している中級以上の女性が、ひとりで乱れ狂いたいときにピッタリのマシン」ですって!

まる
まる

こんなの絶対に気持ちイイやつじゃん//^^//

ぼっちオナニー愛好家なら買うしかないですね!・・・ってな訳で、即ポチしました(笑)

  

まずは吸引とバイブを別々に試します

で、即ポチしたのはいいんですが、気になるのは「装着した時にちゃんとクリトリスに密着するの?」ってところ。

まる
まる

商品レビューを見ると「手放しだとクリにフィットさせづらい」という人もいるみたい・・・

・・・なんですが、その前に吸引部分とローター部分を別々に使ってみて、それぞれのポテンシャルを見ていきたいと思います!

連結部分をぐぃ~っと伸ばすと・・・

メクル・クリ・ボーテ

ここまで伸ばして固定できます。
これなら吸引とローター、別々でも使えて便利ですね!

  

吸引は単独でも十分イケます!

まずは挿入せず、吸引だけを試してみると・・・

・・・おぉ~~~//-Q-//

小さめの吸引口ですが、しっかりクリトリスを吸ってくれます。
しかもスイッチは一番弱なのに、めっちゃ強烈です!

吸引と共に、空気を震わすような振動も伝わってきます。

うわぁ・・・イキナリですが、これは秒でイキそう(笑;)
もうすでに少し潮吹いちゃってます・・・

・・・というわけで、そのままクリを吸ってたら、1分ちょっとでクリイキしました///

まる
まる

吸引だけでも十分に使えますね///

ローター部分の振動はかなり攻撃的!

クリイキした余韻にしばらく浸りつつ、ちょっと休憩。
その後、ローター部分を挿入してみたんですが・・・

私は膣内が狭めだからか、この小さめサイズでもちゃんと膣内が圧迫されます^^

バイブのスイッチを入れると・・・やっぱり弱なのに、めっちゃ強いです!!
これだけ強い振動なら、オナニーの途中で中の刺激が物足りなくなることも無いですね。

さらに7種類のパターンも試してみたんですが、振動が強い分、パターンの強弱がはっきり分かりやすいです。
これは吸引と組み合わせると、面白そう!

吸引とバイブ、どちらも強力なパワーで、単独でも十分使えます^^

  

U字型で同時責めすると・・・

吸引もローターも、めっちゃ強いわぁ///と確認できたところで・・・
クリと中の同時責め!いきま~す!!!

まる
まる

・・・私のクリトリスにフィットするか・・・不安です・・・

クリトリスの位置に合わせて吸引口の角度を調整して、ローター部分を膣に再挿入・・・

・・・

・・・うーん

吸引口の当たる位置が、クリトリスからちょっとズレます;-;

クリトリスよりもちょっと上を吸われますね。クリ包皮の上の方を吸われる感じです。
どうやら私は、クリトリスと膣の距離が近いようですね。

何度か吸引口の角度を調整したんですが、クリトリスにぴったりは合わず(泣)

仕方ないので、指で包皮ごとクリトリスを引っ張り上げて何とか吸い付かせました。
が、吸われて一番気持ちいいポイントからは、やっぱり少し外れてしまいます・・・

でもローターの強い振動が、吸引部分を通じてクリトリスまでしっかり伝わってきます!
クリと中がしっかり刺激されて、これはこれで気持ちイイ・・・//^^//

最後は少し手を添えて、軽く全体を震わせると・・・クリと中で激しく両イキしました///
・・・ただ、吸引と振動でW責め!とはいかず・・・けっこう残念です;-;

    

メクル・クリ・ボーテの注意点

実際に「メクル・クリ・ボーテ」を使ってみたんですが、けっこう気になる点があったのでまとめました。

  • クリトリスにフィットするかは個人差がある
  • 装着した状態ではスイッチ操作がしづらい
  • ケースが壊れたら充電できなくなる

  

クリトリスにフィットするかは個人差がある

「メクル・クリ・ボーテ」の口コミを見ると、「クリトリスと膣の距離が近いと、手放しではフィットしない」というレビューが数件あります。

実際に私が装着したら・・・吸引口がクリトリスから若干上にズレました。

クリトリスと膣の距離
まる
まる

まぁ、半分ぐらい予想してました

吸引部分とローターの角度を調整できるので、吸引口がクリトリスから浮いてしまうことは無いんですが、クリトリスと膣の距離は何ともなりません。

メクル・クリ・ボーテを装着してクリトリスを吸えるかどうかは、クリトリスと膣口の距離によるということですね。

でも、自分のクリトリスと膣の距離が、一般の女性と比べて長いか短いかなんて・・・
分かるかっつーの!!!

単純に膣とクリトリスの距離を測ればいいというわけでもなく・・・こればかりは実際に装着しないと分からないでしょう。

あとローターを挿入してから連結部を曲げ伸ばしするのは、かなり難しい・・・というかムリです。
吸引部分をぴったりフィットさせるには、何度か着脱しては微調整しないといけません。

まる
まる

そんなに出し入れしたら・・・膣が持ちませんわ・・・

U字型バイブは、やっぱり難しいですね;;;

    

装着した状態ではスイッチ操作がしづらい

メクル・クリ・ボーテを膣に装着した状態では、スイッチ操作がかなりしづらいです。

装着した状態だとスイッチ部分が見えないので、一人でオナニーするなら手探りでスイッチを押すことになるんですが・・・慣れないうちはスイッチを押しづらいし、押す場所を間違えます。

吸引を強くしようとしてるのに、バイブのボタン押しちゃったりして;
バイブが強くなりすぎてハワハワしながらスイッチOFFにしようとしたら、またバイブのボタン押しちゃったりとか;;;

慣れると大丈夫なんですが、最初のうちは難しいです・・・

まる
まる

リモコンだったら良かったのに・・・

  

ケースが壊れたら充電できなくなる

メクル・クリ・ボーテは、コンパクトケースに入れた状態で充電できます。
っていうか、コンパクトケースに入れた状態でしか充電できません。

なので、ケースが壊れたら充電できなくなります・・・レビューにも、ケースが壊れて充電できなくなったという口コミがいくつかありますね;

どうやらUSBケーブルをコンパクトケースに抜き差しする時に、バキっとやってしまうみたいです。

・・・確かにけっこう固めで、抜き差ししにくいですね。

無理やり抜き差しして、バキっとやらないよう、膣にバイブを挿入するかのように優しく扱ってあげましょう(笑)

まる
まる

膣もコンパクトケースもデリケートなのね・・・///

あと差し込むときは、充電ケーブルの向きを確認しましょう。(差し込む向きを間違えると、バキっとなりそうです)

メクル・クリ・ボーテのUSBケーブル

あまりにも抜き差ししにくいなら、コンパクトケースにUSBケーブルを差し込んだままにしておいた方がいいかも知れないですね。

  

メクル・クリ・ボーテをフィットさせるコツ

メクル・クリ・ボーテをフィットさせるには、膣に装着する時に本体をU字に曲げすぎないのがコツです。

クリトリスにフィットさせようとすると、つい本体を強く折り曲げがちになるんですが;
ある程度伸ばした状態の方が、ローター部分がより深く膣に挿入されます。

メクル・クリ・ボーテ装着のコツ
メクル・クリ・ボーテ装着のコツ

ローター部分を深く挿入すれば、結果的に吸引部分もヴァギナに密着しやすくなりますよ^^。

メクル・クリ・ボーテが膣にフィットしない・・・特に、吸引口がクリトリスより上に当たってしまう場合には、一度試してみてください。
(あくまで「多少改善するかも」・・・という程度です。クリトリスと膣口が近いと、どうしても吸引口が上にズレてしまうので;)

  

メクル・クリ・ボーテの評価

メクル・クリ・ボーテは、何となく女子力高めなルックスからは想像できないぐらい、吸引もバイブも超強力です!
実際に使ってみて、吸引とバイブ、それぞれのポテンシャルは申し分ないと感じました。

ただクリトリスと膣の距離が近いと、クリトリに吸引口がフィットしないのが難点です。

私の場合、クリトリスを上に引っ張って、手で押さえるようにすれば何とか吸えるんですが。
それでも「ハンズフリーでクリを吸われて悶絶」みたいな、夢のような痴態を繰り広げるには至りませんでした。

まる
まる

ハンズフリーにすると、どうしても吸引ポイントがズレてしまうんですよね;-;

クリトリスと吸引口の位置さえ合えば、悶絶&潮吹き間違いナシ!といったところですね^^;

  

メクル・クリ・ボーテ
⇒「メクル・クリ・ボーテ」の商品ページ




U字型のバイブは、実際に装着すると自分のヴァギナにフィットしないこともあるので、購入する時にはそこんとこ気を付けて下さいね^^b

まる
まる

ぼっちオナニーは最高ですよ!


膣とクリトリスの距離が狭い30代ぼっち女を応援してね^^

にほんブログ村 大人の生活ブログ 性の悩みへ

コメント